Top > 政策調査活動

2008年10月25日

愛あいふれあいまつり

天王寺区民センターで愛あいふれあいまつりが開催されました。

これは、天王寺の区地域福祉アクションプラン『天王寺 愛 あいプラン』の事業で、今回も体の不自由な方々、高齢者の皆さん、ジュニアボランティアをはじめとする多くのボランティアの皆さんの協力で素晴らしい催しになっていました。

安心して子育てできるまち天王寺のため、これらの方々の熱心な活動が続いていること。私も心強いばかりです。皆さん、これからも頑張りましょうね!

高津中学校吹奏楽部全国大会出場

高津中学校吹奏楽部全国大会出場記念壮行演奏会に出席しました。

稜線の風はじめヤッターマンなどのすばらしい演奏に心を癒されましたし、歴史の息づくまち天王寺として地域の中学校が芸術面で評価されていることも大変嬉しく思いました。

高津中学校吹奏楽部の皆さん。全国大会でも思う存分日頃の成果を出し切って下さい。そして私たちも地元の仲間の活躍を応援しようではありませんか。

2008年10月24日

大阪市立自然史博物館の地震展視察

大阪市立自然史博物館の特別展『地震展2008』を視察してきました。

前日の地域振興大会・赤十字奉仕団大会での自分の挨拶を思い返しながら学芸員さんの説明を聞かせていただいたのですが、特に南海トラフトの床に貼ってある地図を青・赤メガネでみると立体的に見えることに驚かされました。

これは大変効果的ですので、各小中学校で地震に関する講演を行ったり、この立体的に見える地図を見せてはどうかと提案してみました。大きな地図は返却するものの、一回り小さい地図なら継続利用も不可能ではないとのこと。その利用等に関して検討してみたいとの見解をいただきました。

自然史博物館の地震展は、12/7(日)まで花と緑と自然の情報センター2F『ネイチャーホール』で開催されています。

天王寺区戦没者追悼慰霊祭

四天王寺五智光院で2年に一度行われる天王寺区戦没者追悼慰霊祭に参加しました。

遺族の数が段々とすくなってきており、前回お顔を拝見した方の姿をお見受けしなくなったような気がします。時の移り変わりとともに、遺族の方々も、私たちも歳を重ねているのですね。

悲しい記憶が遠い過去のものとなり、平和な日々が末永く続くことを強く願いつつも、心に刻むべきものはしっかりと刻んでおかなければと思いました。

2008年10月23日

天王寺区地域振興大会・赤十字奉仕団結成60周年記念大会

天王寺区民センターで行われた天王寺区地域振興大会・赤十字奉仕団結成60周年記念大会で挨拶させていただきました。

私からは、今後想定される東南海・南海・上町断層地震の際には、まず、自分自身の安全確保を第一に、ついで地域の皆さんの相互協力による救助等助け合いが一番大事と説明させていただきました。

地震だけではありませんが、災害や事故の際、助けようと思うがあまり救助に入った人までが受難する2次災害は絶対に避けなければなりません。一方で、被害にあった方を救出したり安全を確保するためには、皆さんの相互協力が不可欠なのです。

安心して暮らせるまち天王寺に向け、私も知恵を絞り、行動し続ける所存ですが、そこに暮らす皆さんご自身での安全確保と、皆さんの協力無くして前進はあり得ません。皆で力をあわせて取り組みたいものです。

1|2345678 次のページへ>>